体質と虫歯のなりやすさは関係あるのか?

自分はどちらに該当するのか

矯正した方が良い場合

エナメル質を守ろう

人間の歯にはエナメル質というものが存在しており、汚れを付きにくくしたり、虫歯菌の侵入を防いだりするバリアのような役割を果たしています。
ですが上下の歯の噛み合わせが悪くなると、歯に与えられる力が均等でなくなったり、本来は負担が掛からない場所に負担が掛かったりすることが原因で、次第にエナメル質が傷ついていきます。

歯を強く磨くことでもエナメル質を傷つけるので、普段の歯磨きを見直してください。
歯ブラシを歯に当てた時に、裏から毛先が広がって見える場合は力が強すぎます。
もっと弱い力で磨いただけでも、汚れを落とせるので改善してください。
毛先が柔らかい歯ブラシを使い、歯磨き粉を使いすぎないこともエナメル質を守ることに繋がります。

歯並びを矯正しよう

医師から歯並びが悪くて、噛み合わせに問題があると言われた場合は矯正することをおすすめします。
ワイヤーやマウスピースを使って矯正できるので、治療を受けてください。
矯正していることを周囲に知られたくない場合は、歯の裏側にワイヤーを付ける方法が良いでしょう。
しかしその方法は可能な症状が限られますし、ワイヤーを表側に付けた時よりも料金が高くなってしまいます。

さらに負担を削減したい人は、マウスピースを使ってください。
ワイヤーは基本的にずっと歯に装着したままですが、マウスピースは取り外しができます。
食事中や歯を磨く時に外すことで、ストレスを減らせるでしょう。
透明なマウスピースなら、口を開いても周囲に気づかれにくいです。


このコラムをシェアする