体質と虫歯のなりやすさは関係あるのか?

自分はどちらに該当するのか

原因を考えてみよう

口内を中和できない

唾液の質が悪かったり、量が少なかったりする人は虫歯になりやすいです。
それはネバネバしている唾液だと、唾液が十分に働いてくれないことが大きな原因です。
もっと詳しく説明すると、まず人間は食事をすると口内が酸性になります。
酸性は虫歯菌が最も好んでいる環境で、そのままにすると虫歯菌が繁殖します。

そうならないよう人間の身体は口内で唾液を分泌し、酸性を中和する仕組みになっています。
しかし唾液の分泌量が少ないとうまく中和されず、虫歯菌が繁殖しやすい環境が続き、その結果虫歯になると覚えておきましょう。
さらにネバネバしている唾液だと、なかなか洗い流せません。
すると、虫歯菌以外の細菌も繁殖するデメリットがあります。

よく噛んで食べること

生まれつき唾液の分泌量が少ない人は、積極的に出すことを意識してください。
そのためには、よく噛んで食べることが大切です。
しっかりと噛むことで唾液が分泌され、虫歯予防に効果を発揮できます。
さらに唾液の質がネバネバしており、悩んでいる人は水分補給をこまめに行ってください。
口内が乾燥していると、次第に唾液の質が悪くなってしまいます。

またこれまでは、質の良い唾液がたくさん分泌されていた人でも油断しないでください。
生活習慣が悪くなると、身体は敏感に反応します。
次第に唾液の分泌が悪くなってしまうので、虫歯のリスクが高まります。
またよく噛んで食べることで、胃腸に与える負担も削減できるなど得られるメリットが多いです。


このコラムをシェアする